水素のスペシャリスト
株式会社光未来
TEL:03-6240-1166
営業時間:10:00~18:00

水素は二日酔いの良いのか?

飲みすぎてしまい次の日二日酔いになってしまう事は誰もが経験する事でしょう。
分かっていてもついつい飲みすぎてしますのがお酒です。

実は、水素水がアルコールの代謝酵素に作用することで、肝臓にとっての有害物質量を減らし、活性酸素の生成を抑制することで、二日酔いを軽減してくれるのです。
研究では摂取量は言及されていませんが、1ppmの水素水を摂取しています。
また、分解過程でできる有害物質を減らすため水素水は飲酒前に飲み、さらに飲酒中にお水の代わりに飲むことができれば二日酔いの軽減には大きく効果があるはずです。

二日酔いの原因である有害物質はどのようにできるのでしょうか?
アルコールの主成分であるエタノールは体内の2種類の酵素によって分解されます。
お酒が弱い方はそもそもこの2種類の酵素が体内に少ないのです。

エタノールはアルコール脱水素酵素(ADH)によってアセトアルデヒドに代謝されます。
そのアセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵(ALDH)素によって酢酸に代謝され、最終的に水と二酸化炭素に分解されます。
分解過程で発生したアセトアルデヒドが、活性酸素を生成することで肝臓中のたんぱく質を壊し肝臓へダメージを与えます。

参考文献:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8158728