水素のスペシャリスト
株式会社光未来
TEL:03-6240-1166
営業時間:10:00~18:00

フレッシュ水素豊富水

商品開発実績 PRODUCT DEVELOPMENT CASE

フレッシュ水素豊富水 BIB 10L入りタイプ

バナジウムが豊富な富士の天然水に水素を溶存

 

フレッシュ水素豊富水10L
 

「フレッシュ水素豊富水」は、弊社が高濃度水素水サーバーを開発する前に、販売していた水素水です。当時2012年頃は、水素水の知名度が低く認知されていない中、一人でも多くのお客様の健康維持に役立ちたいと言う思いで、この商品を開発しました。その当時は、ガスボンベ等を使用して作る大掛かりな機械や、時間と共に水素が抜けてしまうアルミパウチの水素水が販売されていました。

 

水素濃度を6ヶ月間キープ

二重構造容器の断面図
天然水に水素を溶存させた結果、水素溶存濃度は1.5ppm酸化還元電位(ORP)の値は、-580mV ※1を6ヶ月間持続することができました。
アルミパウチに入った水素水は、キャップの口のプラスチックから徐々に水素ガスが抜けてしまうため、製造時の水素濃度しか表記できません。しかし、フレッシュ水素水は減少していく水素を補充することで、常に高濃度の水素水を維持することができる特許技術を用いた製品です。
※(財)日本食品分析センター調べ


良質で安心できる水

水は日本の水の中でも最も成分が良いとされる富士河口湖・鳴沢村の天然水を100%使用しており、バナジウムの含有量は130μg/Lと豊富です。
放射性セシウムなどは検出されておりませんので、美味しく・安心してお召し上がりいただけます。


特許取得済みの技術を使用

この水素豊富水は、特許取得済みの独自の「二重構造容器方式」で、水素ガスを溶存しています。
分子量が最も小さい水素は、水素が抜けにくいとされるアルミ製の容器に入れても、注ぎ口や飲み口部分がプラスチックであれば、そこから水素は漏れ出てしまいます。「フレッシュ水素豊富水」は、事前に注ぎ口から漏れ出る水素量を計測し、その分量を二重構造容器にプラスして補充することで、長期間水素量を維持します。